横浜市都筑区・加賀原・佐江戸町・川和台・川和町の歯医者、インプラントなら池尻歯科医院

メリット・デメリット

歯を失ってしまった場合の治療法

歯を失ってしまった場合の治療法

歯が失われてしまった場合には、いくつかの治療方法があります。ここでは代表的な3つの治療方法、入れ歯(義歯)・ブリッジ・インプラントのそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。
当院では周囲の歯への影響や、回復できる機能性・審美性から、インプラントをおすすめしておりますが、どなたにでも合うというものではありません。 しっかりと各治療のメリットとデメリットを比較した上で、ご自身に合った治療をお選びください。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット
  • ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効。
  • ブリッジのように健全な歯を削らずに補える。
  • 比較的短期間の内に機能回復できる。
デメリット
  • どんなにうまく作っても、噛む力は自分の歯の20~30%しかない 。
  • 硬い食べ物を食べると入れ歯が外れてしまう。
  • 顎の下に食べカスが溜まる為、毎食後きちんと入れ歯を外して水洗いをしないと健康な歯まで虫歯になりやすい。
  • 顎の骨がやせてくる。
  • 見た目(審美性)が悪く、違和感も大きい。噛み心地(咬合)がよくない場合もある。
  • バネによる隣の歯への負担が大きい。

ブリッジのメリット・デメリット

メリット
  • 固定式である為、装着しても違和感があまりない。
  • 人工の歯の材料を選択することで、天然の歯と遜色のない審美的な修復が可能。
デメリット
  • ブリッジを支え、固定する為にたとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要がある。
  • 支えになる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失う原因となる場合がある。
  • ポンティック(ブリッチの橋の部分)の下部の歯肉との間に食べ物のカスがつまり、口の中が不衛生になりやすい。
  • 空気が漏れて発音が困難になることがある。
  • 歯の抜けた所の骨がやせる可能性がある。
  • 顎の骨がやせると歯並びが悪くなることもある。

インプラントのメリット・デメリット

メリット
  • 入れ歯のようにがたつくことなく、自分の歯と同じような機能、感覚を取り戻す事が可能。
  • 噛む力は天然歯の80%回復することができるので、固いものも天然歯と同様に噛む事ができる。
  • 食べ物や飲み物がとても美味しく感じられる様になる。
  • 発音や発声がもとのように戻る。
  • 隣の歯を傷つけてしまうブリッジ治療と違い、健康な歯を守りながら治療が出来る。
  • 見た目が天然歯そのもの。
  • 歯を失った部分の骨や歯茎がやせない。
デメリット
  • インプラントを埋め込むには簡単な手術が必要。
  • 全身の疾患がある場合には治療できない場合がある。
  • 維持するのに十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要。
ご予約は045-941-9151 9:30-12:30/14:00-20:00

神奈川県横浜市都筑区の池尻歯科医院では、歯を失ってしまった患者様にインプラントをおすすめしております。ご来院には市が尾駅・中山駅・センター南駅からバスが便利です。