横浜市都筑区・加賀原・佐江戸町・川和台・川和町の歯医者、インプラントなら池尻歯科医院

治療の流れ

治療前の注意点

お体の状態について
インプラントでは外科的手術を伴いますので、お体の状態や持病(糖尿病、高血圧症、心臓疾患、脳疾患など)については必ず担当の歯科医師に伝えて下さい。持病の症状により医科の主治医に手術の是非、相談、意見を求めることがあります。
服用しているお薬について
日常服用されているお薬がある方は、必ず事前に担当の歯科医師へお伝え下さい。場合によって手術前に服薬を控えてもらうことがあります。(動脈硬化の薬、糖尿病の薬、向精神薬、非ステロイド系抗炎症剤、経口避妊薬など)

治療の流れ

診査・診断
レントゲンや模型で分析をします。
必要であれば、前処置として歯周病や虫歯の治療、噛み合わせ治療などを行います。
1次手術
顎(あご)の骨にインプラントを埋め込む手術を行います。
所要時間はおよそ1時間~2時間程度です。
観察期間
埋め込んだ後には数ヶ月間の安静期間が必要となります。
この間にインプラントと顎の骨が結合されます。
2次手術
歯茎を開いて人工の歯を取り付ける支柱(アバットメント)を装着し、歯茎が治った時点で人工歯をインプラントに取り付けます。
メンテナンス
手術後は定期的にメンテナンスを行います。このメンテナンスをしっかりと行わないと、せっかくインプラントの治療をしても、無駄になってしまうのです。

治療中の注意点

食事についての注意点
麻酔が切れてからの食事は、なるべく刺激物を避け、やわらかい物を食べるようにしましょう。
その他の注意点
お風呂は軽く流す程度か、シャワーにしましょう
飲酒・喫煙は1週間控えましょう
手術後 2、3 日は過度の運動は避けましょう
処置した所を指や舌で触らないようにしましょう
傷口に強い力をかけないようにしましょう

治療後の注意点

メンテナンスについての注意点
メンテナンスについての注意点
メンテナンスを怠ると、インプラント歯周炎になってしまう可能性があります。
※インプラント歯周炎とは
歯周病のようなもので、インプラントの周囲の歯肉が炎症を起こす病気のことです。症状が進行するとインプラントを支える 顎(あご)の骨が溶けていき、最終的にはせっかく取り付けた人工歯とともに抜け落ちてしまいます。せっかくインプラントの治療をしても、無駄になってしま うのです。
インプラントを埋め込んでから5~6年以内に起こる可能性が高く、それを過ぎると可能性は低くなります。また、一度かかってしまうと症状の進行するスピードがとても速いという特徴もあります。
ご予約は045-941-9151 9:30-12:30/14:00-20:00

神奈川県横浜市都筑区の池尻歯科医院では、歯を失ってしまった患者様にインプラントをおすすめしております。ご来院には市が尾駅・中山駅・センター南駅からバスが便利です。